SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • corvoさんのmixi「古生物復元」
    corvo (12/18)
  • デザイナー系SNSのMYDESIGNS
    kohjio (12/08)
  • デザイナー系SNSのMYDESIGNS
    corvo (12/07)
  • 「IT活用の授業 ミニネタ&コツ101」到着!
    滝沢 (12/01)
  • 「IT活用の授業 ミニネタ&コツ101」発刊!
    kohjio (11/24)
  • 「IT活用の授業 ミニネタ&コツ101」発刊!
    saibikan (11/23)
  • 共感覚、これだったんだ。
    kohjio (11/13)
  • Life is beautiful: スティーブ・ジョブスに学ぶプレゼンのスキル
    kohjio (11/12)
  • Life is beautiful: スティーブ・ジョブスに学ぶプレゼンのスキル
    corvo (11/09)
  • Life is beautiful: スティーブ・ジョブスに学ぶプレゼンのスキル
    山崎正明 (11/09)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

kohjio's blog note 2nd

新しいブログへお越しください。アドレスは、http://blog.kohjiono.net/です。
<< Mac OS X v10.4 (Tiger) ではNortonはNG! | main | USBストレージについて考える >>
昨日、スクログ・ミーティングを開きました。
0
     昨日、郡山市某ホットスポットでスクログ・ミーティングをおこないました。
     昨日の大きな話し合いは、管理画面のデザイン。blogとは間違うカテゴリー分けをしていこうと検討しました。

     カテゴリーは、校種、教科、学年、単元名を選択・入力できるようにして、後々の検索を簡単にしようと工夫しました。そこにさらに一つ、任意でキーワードをにゅりょくできるようにし、教科を超えたデータの関連づけができるようにしました。
     例えば、「川」の資料が社会用であったとしても、それは理科でも、総合でも使えるかも知れません。しかし、教科書が変わるたびに変わってしまう可能性のある単元名で縛ってしまうのではなく、さらに他の授業でも使えるようにしようとしたためです。先生だけでなく、子どもたちもスクログを使った学習ができるよう基本的には、校種、教科、学年、単元名をいうのを基本にしながら、他の学習でもできるだけ簡単に見つけられるようにしようとした配慮です。
     サイト内検索で済むことではないのかという意見もありましたが、サイト内検索は、言葉を持っている人にとってはとても便利ですが、調べたい言葉を持っていない人(漠然と調べようとするときなど)は、どのような言葉で調べるかも思い浮かばないときもあると思われます。そのような時には、キーワードの一覧が見られるページなどがあれば、より調べる対象をはっきりと持つことができると考えたのです。Yahoo!などの検索サイトもキーワードを入力する検索も可能ですが、一覧が出てくるディレクトリもとても重要な検索方法なのと同じです。(スクログでも、当然サイト内検索も実装予定ですが。)

     また、コンテンツ入力の画面は、キーワードの設定なども含めて1つの画面に収まるように設計することにしました。ボタン一つで簡単に公開できるように考えたためです。

     この他に、e-manabi用のスクログだけでなく、学校用のスクログについても仕様を検討しました。こちらの方は基本的にはblogの様式を採用するようにしています。こちらの方は、情報管理の考えを採用して、まず先生や子どもたちがコンテンツを作成し、次に管理職が閲覧し承認をして初めて公開できるようにします。面倒かもしれませんが、情報管理をしていく上では、大切な機能ということができるでしょう。校長先生をはじめ、管理職の方々には、単なる情報の管理のみに終始することなく、このスクログを通してより一層情報公開について理解をしていただき、多様な情報発信、ひいては学校文化の創造(これなくして豊かな情報発信はあり得ません)への貢献となっていくものと期待しています。
     導入、初期設定の難しいblogのデメリットを少しでも少なくしようと、インストーラーも採用予定です。

     また、SQL、PHPが置けない環境にも対応できるように、SQL、PHPが入った1つのPCで動的にページやリンクを生成し、静的になったhtmlファイルをFTPなどでアップロードできるようにも現在検討中です。

     とにかく6月のスクログ実装に向けて準備をしています。
     5月の中旬には、合宿版スクログミーティングをして、システムのブラッシュアップ、操作方法の習熟、コンテンツの充実を図っていく予定です。

     ご期待ください。
    | スクログ | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。