SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • corvoさんのmixi「古生物復元」
    corvo (12/18)
  • デザイナー系SNSのMYDESIGNS
    kohjio (12/08)
  • デザイナー系SNSのMYDESIGNS
    corvo (12/07)
  • 「IT活用の授業 ミニネタ&コツ101」到着!
    滝沢 (12/01)
  • 「IT活用の授業 ミニネタ&コツ101」発刊!
    kohjio (11/24)
  • 「IT活用の授業 ミニネタ&コツ101」発刊!
    saibikan (11/23)
  • 共感覚、これだったんだ。
    kohjio (11/13)
  • Life is beautiful: スティーブ・ジョブスに学ぶプレゼンのスキル
    kohjio (11/12)
  • Life is beautiful: スティーブ・ジョブスに学ぶプレゼンのスキル
    corvo (11/09)
  • Life is beautiful: スティーブ・ジョブスに学ぶプレゼンのスキル
    山崎正明 (11/09)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

kohjio's blog note 2nd

新しいブログへお越しください。アドレスは、http://blog.kohjiono.net/です。
プレゼンテーション関連本2つ。
0
    今日、地元の八重洲ブックセンターへ行って、ちょっといい本を見つけてきたので紹介します。

    すぐに解決!プレゼンテーション

    大人のプレゼン術 自分と相手がワクワクドキドキする10か条

    どちらもまだ完読ではないのですが、結構いい本かも知れません。ただし、せっぱ詰まってどうのこうのというのではなく、余裕のある時に読むべき本だと思います(^^ゞ。初めてプレゼンする人というよりは、何度かプレゼンをしている人が、大切なことの備忘録として読むという感覚がいいのかと思います。
    | book | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    「スティーブ・ジョブス -偶像復活-」読み終えました。
    0
      スティーブ・ジョブズ-偶像復活

      原書は"iCon -Steve Jobs-"としてAppleは出版社に発行の禁止を要請し、それを受け入れられなかったことで、この出版社の書籍をAppleStoreで販売することを拒否したというストーリを思い出しました。その本がようやく日本で出版されることとなりました。
      スティーブ・ジョブスが養子としてジョブス家に迎えられたことから、Apple社創設、Apple社を追われ、NeXT社、Pixar社創設、Apple社に復社、そして今日へ至るまでをとてもドラマチックに描かれています。人間的には破壊的、破滅的で数多くの矛盾を抱えている側面を描き、綱渡りのようなこれまでの経緯が多くの証言によって明らかにされている力作だと思います。
      ただスティーブのカリスマ性をカリスマ性の一言で表現されてしまっている点、NeXTステップをもとにしてつくられたMac OS Xの経緯、初代iMac成功の経緯、2004年以降の記述が簡単な概略だけになってしまった点は残念には思いますが、妥協を許さない完璧主義者の(マイクロ)マネージャーであり、タフな交渉者・経営者であることはとてもよく描かれていました。
      Appleの追い求める理想=スティーブ・ジョブスの理想は、ハードウェアがもたらすのでもなく、ソフトウェアがもたらすのでもない、「ソフトウェアによって可能になった創造性」であるということが明記されていました。Macに共感を持ち、これからのコンピューティング環境のあるべき道とはなんだろうと考えていた一つの方向性を、これほどまでに端的に表している表現と出会えたことだけでも一読の価値ありでした。まさに現代コンピュータ界の織田信長、ちょっと陳腐な表現ですが、そんな思いを抱きながら読み進めました。
      最後に日本人にとってはiconという意味のバックグラウンドを理解できていないこともあり、邦訳がicon=偶像と表記されていることにいささか疑問を感じるます。もともとはキリスト教の用語で象徴、聖像という意味合いもあることを理解したり、ロシア正教のキリスト像=イコンについて考えを及ぼすのであれば、原作者がなぜiconという言葉を用いたのかが理解できるのではないかと思います。現時点ではあくまでAppleの理念においても、現実においてもプロデュースしているのはスティーブ・ジョブスがしているのであり、Appleの象徴ではあっても、偶像ではないと思うのです。
      | book | 17:13 | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |
      "頭痛" 患者と医療をつなぐ“プライマリケア”シリーズが届きました。
      0
        Amazon.co.jp:本: 頭痛患者と医療をつなぐ“プライマリケア”シリーズ

        以前も紹介したレポリスさんの著作頭痛の本、今日Amazonから到着しました(^^ゞ。
        でも、レポリスさんからいただいてしまっていました。恐縮でしたm(_ _)m。
        Amazonはキャンセルしたはずだったのですが…(^^ゞ。
        改めてページを開いてみると、頭痛に関する必要かつ十分な専門的な内容がぼくたちにもわかる言葉で表現されています。慢性的な頭痛に悩まれている人には本当におすすめの本だと思います。そしてページの折々に描かれているご自身が描かれたイラストがとっても優しくあたたかな気持ちにさせてくれます。
        ぼくはぼくで"安心する"こととはどういうことかについて、じっくり考えることができました。

        帯には「"メディカルアフォーダンス"提唱の著者が頭痛の原因を解き明かす!」カッコイー!(オリエンタルラジオの"武勇伝"じゃないけど(^^ゞ)
        そして、著者プロフィールを見ると、(ほぼ)同い年で、大学時代同じ福島市に住んでいたことが判明。びっくりでした。

        子どもが安心してお医者さんに診てもらうための絵本が明日出来上がるそうです。どのような絵本が出来上がるか、たぶんとても素敵な絵本が出来上がるのではないかとぼくも今から楽しみにしています。

        今日届いた本は、だれか喜んでくれる人に贈ろうと思います。
        | book | 09:41 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
        レポリスさんの『頭痛』の本、刊行!
        0
          やさしい医療をめざして−新しい神経内科: アマゾンに『頭痛』の本登場!

          レポリスさんの著書「頭痛」が刊行されました。
          これを機にブログのrecomendの機能を使って紹介をしてみました(画面左上)。もしよろしかったらポチっとしてみてください。ぼくも…(^^ゞ。
          | book | 20:32 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |